検索
  • BLAZER BOATS JAPAN

BLAZERバスボートモデルについて

最終更新: 2月24日

BLAZER(ブレイザー)のNewモデルに触れる前に

何故?BLAZERなのか?



「Blaze・ブレイズする」=炎のように駆け抜ける

熱い走りを感じさせるメーカー名の由来。







そのような想いを持った「BLAZER」から

アメリカでも少しずつ情報がアップされているNewモデルが。


待望の21フィートオーバーの「650Pro Tour」


昨年のラインナップは、前回の記事でアップした

2モデル「595Pro Elite」「625Pro Elite」だけでしたが

ようやく完成した「650Pro Tour」


レングス21’4”にMAX HPは300psとフラッグシップらしいスペック


現行モデルと大きな変更点は「ワイドデッキ」化


昨年にBLAZER社を訪れた際に、プロトモデルを拝見した時の画像がこちら


「ワイドデッキ」=「フロントデッキのワイド化」

その為には、フロントデッキ側の設計は一から作り直しが要求されます。


もちろんそれに合わせて、船体側の設計も大きく変わる。


従来の「595Pro Elite」や「625Pro Elite」が94”ビームに対し

この「650Pro Elite」は96”ビーム。


現在のアメリカバスボートのトレンドになっている「フロントワイドデッキ」


上記の画像をご覧頂ければ、どう言うコンセプトでどこが広くなっているのか?

よくわかる画像だと思います。


このフロントワイドデッキの流れを汲むモデルを「Pro Tour」として今後の

展開に「冠」として使いブランディングされていきます。


またモデルにネーミングされている数字「595や625」は日本でもなじみやすい

全長の「センチメートル」をそのまま、モデル名にしています。


Newモデルの650Pro Tourはレングスが650cm

分かりやすいモデル名称になっています。


待望の3ラインナップと、今後の展開を予想させる「Elite」モデルと

「Tour」モデルのラインナップ。


ブレイザーボーツジャパンFaceBookサイトでは、タイムリーな情報を

アップしております。

是非こちらもご覧下さいませ。

https://www.facebook.com/Blazer-Boats-Japan-%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%B6%E3%83%BC%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%91%E3%83%B3-104480731104078/?ref=bookmarks


ブレイザーボートの今後の展開にご期待下さい!

89回の閲覧
 

©2019 by Blazer Boats Japan